やまびこ杯

 5月3日(土)から5日(月)まで2泊3日で岐阜県養老町に合宿に行きました。新潟から京都まで1府12県、20チームが参加しました。

 

 1・2日目の練習試合では自分たちの悪いところが出てあまりいい雰囲気とは言えませんでした。しかし、最終日のトーナメント戦では全員で「勝つ」という目標を向き、1本のボールにみんなの思いがこもっていました。1点決まるごとにみんなで喜び、コートに入っている人も外にいる人もひとつになることができました。そして、応援が盛り上がっていると、コートの中のムードもよくなりボールも繋がっていました。公式戦のような雰囲気で試合を進めることができ、インターハイに向けて気持ちを高めることができました。しかし、1セット目を取られたり出だしでつまずくことが多いので、1セット目の1本目から気持ちを入れられるよう、もっと中身の濃い練習に変えていきたいと思います。

 

 この合宿で「両洋バレー」とはなにか、再確認できました。インターハイ予選では今回生まれた一体感を大切にし、全員で勝ちにこだわっていきたいです。